ichigotake's diary

個人の日記

お盆休みにNo Man's Sky(VR)で銀河を遊覧した

古典的なSFの冒険と想像力から着想を得た『No Man's Sky』で、プレイヤーはユニークな惑星と生命体、そして危険とアクションに満ちた銀河を探索します。

Steam:No Man's Sky より引用

この日記の要約

ゲーム内容については特に言及せず、楽しみ方を書き記す。

  • 一人で景色を眺めたいときにNo Man's Skyを起動する
  • バグ等のストレスは「それも宇宙だね」で受け流す
  • 「宇宙で生活する」ためにNo Man's Skyを起動しながら家事をこなす
  • 疲労感等が基底現実の旅行と似ていたので「バーチャル(実質的に)旅行」だったと言えそう

前置き

あるいはゲームレビュー

自分の感想を代弁してくれる方々がいたので張り付ける。気軽に勧められるゲームではないものの、自分に刺さるゲームではあった。

自分のNo Man's Skyは銀河の遊覧船

プレイスタイルは人によって様々で、基地建設や農場作りを楽しむ人、ドッグファイトを日常にしてる人など、十人十色だ。少なくとも友人・知人の間ではそう。

対して自分は基底現実の散歩のような感覚で星系を飛び回っでいるだけ。「今日は一本違う道を行こう」「青の気分だから青いところに行こう」、そんな感じ。

自分にとってコミュニケーションはハレの日寄りのもの。一人で景色を眺めながらボーっとしたいときに銀河を放浪する。

一度ゲームが始まれば(高負荷でなければ)ほとんどローディングを挟むことなく遊べる。さすがに星系を移動するときはローディングが入るものの、超長距離航法で移動してるからと納得できる演出だった。

メタ要素を意識しない作りになっていると没入感が阻害されず、 仮想 を意識しないで 実質的に 宇宙旅行していると思い込める。

ストレスを「それも宇宙だね」で受け流す

非公式ウィキを見ると、ミッションが進行不能になるバグや所有物を失うバグ等、重大な不具合が散見される。

nomanssky.fandom.com

宇宙が舞台なので雑な解釈でもロールプレイが捗る。

バグで基地の所有権を失った話を聞けば「宇宙なら誰かに乗っ取られることもありそう」と思うし、バグで貨物船が消えれば「ブラックホールに取り残されたのかもしれない」と脳内でストーリーを作って遊ぶ。

リスポーンが多ければトラベラーとして銀河を放浪するロールプレイが捗る。

ストレスを感じているものの、ネガティブ要素は全て「宇宙っぽい」で受け流せている。いまのところストレスは必要経費に収まっていると言えそう。No Man's Skyが好きすぎるからかもしれない。

ただ、こういったストレスが勧めづらさに繋がっているところはある。

宇宙船で生活する

No Man's Sky VRは直進であればハンズフリーで自動航行ができる。基底現実で家事をこなすときは音声出力をヘッドフォンからスピーカーに切り替え、環境音を聞きながら用を済ませる。

日常会話で「我が家は宇宙船だ」と言えるのは楽しい。

VRで「慌ててヘッドマウントディスプレイを被ってコントローラー(操縦桿)を握る」という一連の動作が楽しい。

宇宙を舞台にした作品を意識しながら旅をする

旅をしながら、マクロスシリーズや伝説巨神イデオンのような生活感のある銀河放浪に思いを馳せる。

そういえば第三次スーパーロボット大戦αではマクロス7イデオントップをねらえバンプレストオリジナルを中心に銀河規模の戦いがあったなーということを思い出す。無尽蔵の敵戦力や逃亡劇を意識しながら宇宙を漂う。

そうしている間に海賊船に目をつけられ、別の星系にワープして逃げたり。

宇宙を漂いながらどんなSF作品や世界観を思い浮かべるか、これは個人差がありそうで御白そう。

宇宙船で全く別の作業をする

半年前くらいからGLSLでお絵描きをしていて、VaNiiMenu(VRオーバーレイツール)を起動してVEDA(Atomパッケージ)でお絵描きをすることもある。この記事の下書きも宇宙船で書いていた。

sabowl.sakura.ne.jp

veda.gl

脳内の引き出しだけで書くときはヘッドマウントディスプレイを脱がずに宇宙船で書いている。複数の趣味がVRで完結するようになって気分がいい。

ボイスチャットをしていても独り

友人とボイスチャットをしながら旅をしているものの、自分の場合はマルチプレイをほとんど意識しない。

声は届くけれど干渉しない(できない)距離感が心地いいのかもしれない。

「いちごたけさん、宇宙でも飲むんですね」 〜 友人談

総括

旅行後の筋肉痛や疲労感が基底現実の一人旅に近いものがあったので「バーチャル(実質的に)旅行だった」と言えそう。

旅費はVR Ready環境とHTC VIVEとNo Man's Skyの購入費。No Man's Sky Beyond(VR)が配信される前から全て揃っていたので実質0円。

いいお盆休みだった。

自室専属DJになった

趣味で DJ をしている方との出会いに触発されて、2週間ほど前に DJ を始めた。

購入した機材は Numark の Party Mix。

Party Mix は変態機器だという評判を見かけたが、自室で安く回したいならコスパが良いという話を複数人から聞いていたので気にせず購入した。

ミュージックプレイヤーとしての DJ も悪くない。聴くことをメインとした曲は IDM (Intelligent Dance Music) と呼ばれているらしい。

今のところ、みんなを盛り上げるタイプの DJ は興味ない。みんなで踊ることを意識した曲は EDM (Electronic Dance Music) と呼ばれているらしい。

スタイル

  • 自室で自分向けに DJ ミックスをする
  • Melodic Progressive House・Minimal 等、少ない音数で同じフレーズを繰り返す曲が中心
  • イベント前に自分を満足させる DJ ミックスをして気持ちをブーストさせる
  • 翌日の作業用BGMを作るつもりで録音することもある

感想

  • 好きなフレーズをノンストップで繋げるのは楽しい
  • 不完全なセットリストを即興で改善していくプレイが楽しい
  • 繋ぎが自然だと聞き返した時に気持ちいい
  • やはりリアルのハコで回すことを前提としている情報が多い

Ruby on Rails 5 でモジュールを置くディレクトリの役割を知りたい

/app/lib や helper, concers など、再利用性の高いモジュールを設置するディレクトリの使い分け方を知りたい。

Mastodon や参考になりそうなプライベートリポジトリ等のコードリーディングでの自分なりの理解をまとめる。

モジュール設置場所を決定するフローチャート

特定 Gem モジュールのエントリーポイント?(e.g. Capistrano、Rakeタスク) y => /lib

/app 以下の複数のディレクトリで再利用可能な汎用性がある? y => /app/lib

主に /app/view で利用する? => /app/helpers

/app/:dirname 以下のディレクトリで閉じて利用する? y => /app/:dirname/concerns

VRChat デビュー1週間で作ったモノ

アバター

Strawberry Ring

Description: The ring as a strawberry.

苺のチュートリアルを途中で仕上げたモノ。

「中に入ると落ち着く」「ハンドルネームのおかげで苺だとわかった」「きもちわるい」など、会話のきっかけを作りやすいことで評判。

Strawberry Pot

Description: The pot as a strawberry.

苺のチュートリアルを途中で仕上げたモノ。デフォルメ描写の多い VRChat において、局面や種が比較的精工なために不気味に仕上がっている。

「前より分かりやすくなった」と評判。

Ochoko

Description: The Japanese sake cup.

テーブルにお猪口があり、「これくらいなら簡単に作れるかも」と思って作った。

ポリゴン数削減ツールによって生まれた凹凸に使用感があると評判。

Sake Set

Description: The set of Japanese sake.

苺のチュートリアルより簡単そうに見えたので作った。花火のあるワールド(FIREWORKS JP 1.0)で日本酒を飲みながら作業していた。

1週間でオリジナルアバターを用意できるなんてすごい!と褒められた。

ワールド

まだアップロードしていない。

Ichigotake Museum

Description: The ichigotake's story begins.

習作としてのお題がこれといって思い浮かばなかったが、夢がなくても自分語りは誰にでもできることに気づき、VRChat の日記をつける体でワールドを作ってみることにした。

ここには VRChat に向けて作った3Dモデルを展示している。時系列順に並べていて、3Dモデルの並びの中で自作アバターで VRChat デビューをした ときに知ったワールドを設置している。

完成していないものの、オブジェクトを設置するだけのワールド作成が簡単そうなことが分かってよかった。

目標

そろそろ人型アバターがほしい

自作アバターで VRChat デビューをした

概要

ちなみにVR機器は持っていない。

続きを読む

YAPC::Okinawa 2018 ONNASON に行ってきました #yapcjapan

ゆかりのあるイベントが沖縄で開催されるということで行ってきました。

yapcjapan.org

id コールは敬称略です。

続きを読む

「居酒屋選びで困ったときに押すボタン」を作って一ヶ月が経った

この記事は Dark - Developers at Real Kommunity Advent Calendar 2017 の13日目です。


Slack で日本酒のお店がシェアされたとき、行きたいと思い立ったときのためにブックマークしておきたいと思った。そこで作ったのが「居酒屋選びで困ったときに押すボタン」。

ボタンを押すと 事前に用意した居酒屋のリストからランダムに選ばれてリダイレクトされる。

居酒屋選びで困ったときに押すボタン

スクリーンショット

f:id:ichigotake:20171211173928p:plain

続きを読む